iPhone(アイフォン)修理 川崎 川崎市 神奈川

新iPhoneの発表イベント日が決定!? iPhone(アイフォン)修理 川崎 川崎市 神奈川なら川崎駅近のスマホスピタル川崎にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川

iPhoneお役立ち情報

新iPhone情報

新iPhoneの発表イベント日が決定!?

[2020.10.07] スマホスピタル川崎

カテゴリー:新iPhone情報

こんにちは

iPhone・Android・ゲーム機修理のスマホスピタル川崎店です。

 

多くの人が楽しみにしている新型iPhoneについての最新情報が飛び出てきました。

それは今月13日(現地時間・日本時間14日)に新型iPhoneの発表イベントを行うというもの。

先月にiPad Air 第4世代と新型Apple Watchの発表イベントを行ってから1ヶ月遅れての新型iPhoneの発表となります。この発表イベントで待望のiPhone 12シリーズの発表を行うことが確実視されています。

それでは改めてiPhone 12シリーズはどういった特徴があるのかお話いたします。

iPhone 12シリーズ

サイズと名称

iPhone 12シリーズは3つの画面サイズから4モデルがリリースされることがほぼ確実となっています。画面のサイズは小さいものから5.4インチ、6.1インチ、6.7インチとされています。それぞれ5.4インチが1モデル、6.1インチが2モデル、6.7インチが1モデルとなり、6.7インチのモデルがiPhone 12シリーズの最上位モデルとなるようです。

名称については色々な見方がありますが一番有力な見方として5.4インチモデルを『iPhone 12 mini』、6.1インチモデルを『iPhone 12』と『iPhone 12 Pro』、6.7インチモデルを『iPhone 12 Pro Max』とするものです。ハイエンドとなる上位2モデルに”Pro”とするのはiPhone 11シリーズからの流れを受け継いでいる形になります。

そして注目すべきは最小モデルの5.4インチモデルに”mini”と命名されること。iPadやMacでは過去にも”mini”と付けられたものはありましたが、iPhoneで”mini”と名付けられるのはiPhone 12シリーズが初めてのこととなります。

全モデルに有機ELを採用

iPhone X以降一部の機種を除いて有機ELディスプレイを採用してきました。iPhone 11シリーズではフラッグシップモデルのiPhone 11のみ液晶となっていましたが、今回のiPhone 12シリーズでは4モデル全てで有機ELディスプレイを採用するという見方が一般的となっています。

その一方でiPhone 12シリーズの上位2モデルに120Hzディスプレイが採用されるという噂もありましたが、これについては今回は見送る形となっています。

この120Hzディスプレイというのは画期的なもので、従来のiPhoneでは60Hz(1秒間に画面を60回書き換え)から倍増されるものとなり、滑らかな表示やApple Pencilの追従性を高めることが期待されていました。すでに他社製のスマートフォンに搭載されていることからiPhoneでも搭載されることが期待されていましたが、複数の事情が重なりiPhone 12シリーズでの搭載を断念したということです。

カメラ性能の向上

ここ数年のスマートフォン市場ではカメラ性能が競争力を大きく左右する傾向にあります。これについてはいくつか噂が飛び交っています。

まず一つ目がLiDARスキャナの採用です。このLiDARスキャナ自体は2020年発売のiPad Proにも搭載されているもので、対象物に光を投射し反射光がセンサーに届くまでの時間から距離を測定して、奥行きや形状を素早く判断できるようになります。

二つ目がオートフォーカスと手ブレ補正の改善です。iPhone 11シリーズではスプリング型モーターを採用していましたがこれをボール型VCMに変更するそうです。それにより性能の向上が期待できます。

またメインカメラのレンズ枚数を7枚レンズとすることで静止画や動画の画質向上に期待をもてるようになります。

5Gには全モデルが対応

iPhone 12シリーズでは全モデルが5Gに対応すると予測されています。まだ一部では上位2モデルのみという意見もありますが、全モデルが対応する方向性であるという意見が一般的です。

しかし5G自体は世界各国で普及が進んでいるもののインフラ整備は各国で差がある現状から、「モデルごとに差を付ける」「地域ごとで異なるモデルを投入する」といった意見も出ています。

また最小モデルのiPhone 12 miniのみ4Gとする案も出ているそうですが、それは定かではありません。

5Gのインフラ整備状況で様々な意見や見解を見せています。そのうちのひとつが、米国・日本・韓国で販売されるiPhone 12 Pro Maxだけがミリ波をサポートするというもの。モデルや地域を限定するやり方は前例もあるのであり得ない話ではありません。

搭載メモリ

iPhone 11シリーズではモデルにかかわらず全てが4GBのメモリを搭載していますが、iPhone 12シリーズでは上位2モデルが6GB、残りの2モデルは4GBとなる予想が出ています。

これまで搭載されてきたメモリは4GBが最大でしたが、ついにiPhoneにもメモリ増量の波が押し寄せてきたのかもしれません。

同梱物なしでも値上げ?

これまでiPhoneを購入したことがある人ならご存知かもしれませんが、iPhoneを購入するとACアダプターとケーブル、イヤホンが同梱されていました。しかしiPhone 12シリーズではこれらの同梱物がなくなるという報道が出ています。単にコストの削減という狙いもあるかもしれませんが、欧州の動きを牽制する狙いもあるんだとか。

仮にコスト削減をされたとしても本体価格は749ドル~となり、iPhone 11の699ドルを50ドルもオーバーするという予想があります。

またこれまでAppleの純正Lightningケーブルは数カ月したら断線するという消費者の声もありましたが、USB充電器を同梱品からなくす代わりにUSB-C-Lightningケーブルを付属させることでこの問題を解決しようとする狙いもあると思います。

本体カラー

iPhoneの基本カラーとしてゴールド・シルバーがあります。過去にはダークグリーンやパープルといった色も登場していましたが、iPhone 12シリーズでも新色を登場させます。

その新色については多数の意見がありますが、有力なのが【ダークブルー】【バイオレット】【ライトオレンジ】です。

青色自体はiPhone 5ciPhone XRでも登場していますし、パープルもiPhone 11で登場しています。オレンジ系もiPhone XRで登場してますので全て目新しいものという訳ではありません。

しかし実際にどういった色合いになるのかはまだ現物もありませんので分かりませんが、今までとは違ったものになるのは間違いないでしょう。

 

おわりに

従来より1ヶ月遅れとなったiPhone 12シリーズですが、今までのiPhoneとは違った性能・魅力を備えているのは間違いありません。変化する時代に合わせてiPhoneも進化を続けていきます。

今回見送りとなったあの性能も来年以降のiPhoneに採用されるかもしれません。また今までの常識を覆すような画期的なiPhoneが誕生するかもしれません。

時代の変化に合わせるかのように進化を続け時代をリードしていくiPhoneやAppleには今後も目が離せないことでしょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

iPhone,Xperia,Nexus,Galaxy,3DS,PSP修理店 スマホスピタル 川崎店

〒210-0006

神奈川県川崎市川崎区砂子1丁目1−12

いせやビル404号室

044-233-5543

営業時間 10時〜20時

一覧に戻る

0442335543 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル