iPhone(アイフォン)修理 川崎 川崎市 神奈川

最近のスマホ携帯が高額になってきた理由とは!? iPhone(アイフォン)修理 川崎 川崎市 神奈川なら川崎駅近のスマホスピタル川崎にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川

iPhoneお役立ち情報

最近のスマホ携帯が高額になってきた理由とは!?

[2019.05.13] スマホスピタル川崎

9855487677070-768x1024 最近のスマホ携帯が高額になってきた理由とは!?

最近のスマートフォン界隈では、新しい機種を買い控える動きが強まっており、販売店でも苦労しているという話が聞こえています。

その大きな理由の一つとして「価格の高騰」があります。

iPhoneシリーズで言うと、以前の6系では5~6万程で買えていたのが、今では軽く10万を超える金額になってしまってます。

その理由はといえば、勿論端末自体の性能やカメラの性能が高くなっている事が挙げられますが、最も大きな理由がディスプレイの質の変化です。

 

Appleの10周年記念として作られた「iPhoneX」。翌年にはグレードアップ版のXsXs max、廉価版のXRが発表されました。

それまでiPhoneのディスプレイは「液晶」を使用しておりましたが、このiPhoneXシリーズ(XRを除く)より「有機EL(OLED)」ディスプレイに変わりました。

 

有機ELって何?と言う方も多いでしょう。

携帯電話ではSamsungGalaxyシリーズがいち早く搭載し、「高精彩、高品質」の謳い文句で世界中で最高のシェアを獲得しています。

液晶に比べて発色が良く、コントラストもくっきりしており、画面の映りが非常に綺麗です。

 

そもそも有機ELとは一体何でしょうか?

 

実は部品の名前ではなく、電圧を有機物質にかけた時の現象の事の名前です。

正式には有機エレクトロルミネッセンス(organic electroluminescence)と言います。

液晶はその素子に背面から光(バックライト)を当てて発光させると初めて画面が見えるようになりますが、OLEDはそれ自体が発光するため、バックライトが必要無くなります。

そのため、ライトへの電流を流したり明るさを調節する機構も無くなり、従来よりも薄く、軽くする事が可能になりました。

テレビなどはこの恩恵が大きく、かなりの薄型化、大型化が可能になりました。昔のブラウン管に比べて、信じられないぐらい薄型になっていますね。

海外などでは巻取り式のスクリーンなども出てきており、最近のニュースでは折りたたみスマホといったものも話題になってます。

 

素子自身が発光する事により、画面の表示が素早くなったり、視野が広がったりコントラストの色彩差がはっきりしているため、黒い色が本当に真っ黒にできる、といった表現もできるようになりました。個人的にも夜景などの表現力はかなり綺麗になったように思えます。

素早い動きを捉える場合にも表示のフィードバックが早く、残像が出にくくなったため、スポーツ観戦などでは非常に細かい動きまで捉えられるようになっています。

 

それほど高性能なディスプレイですが、勿論弱点もあります。

Galaxyシリーズで一時話題になりました「焼き付き」という現象です。

強い太陽光の下で同じ画面を表示し続けていると、文字通り同じ色に焼き付いてしまい、別の画面を表示した時に別の色が混ざり込んでしまう事があります。

iPhoneX系など新しい機種ではそういった現象もかなり緩和されていっていますが、どうしても完全に防げるものではないようですね。

この焼き付きにより、液晶よりもディスプレイの寿命が短いとされています。

但し、液晶にも色味が変わってしまうといった事や、スマートフォンの端末自体の寿命もありますので、大型テレビほど気にするものではないかもしれません。

 

そして何より大きなデメリットが価格の高騰です。

これだけ品質の高いものを使用していますので、当然その材料費も高くなります。

機種によっては端末代の半分以上がディスプレイの価格、なんて事もあります。

iPhoneXRはそういった価格の高騰を懸念してか、最新モデルの廉価版という立ち位置になっていますが、やはり8万~10万近くすると躊躇ってしまいますね……。

 

iPhoneXから有機ELに変わった、という事で有名になりましたが、実はAppleが有機ELを搭載したのはiPhoneXが初めてではありません。

何とApple watchの初代から有機ELを使っていたんですね。

現在発売している最新のApple watchでも採用しているので、生産台数的にもノウハウを積み上げています。

 

2020年には全機種で液晶ディスプレイが廃止され、OLEDに変わるとの噂もあります。

iPhoneXRの発売が遅れた事からも、液晶ディスプレイは製造の柔軟性に乏しく、作り辛いという事でしょうか。

 

携帯端末の価格高騰が懸念される昨今、画面を割ってしまっても新しい機種に買い替えづらくなってしまっているのが現状です。

中国のHuaweiなどが大きく売り上げを伸ばしているのも、端末価格が安い事が理由だと思われます。

AppleもiPhoneX系統の売り上げが伸び悩んでいる事を問題視しているので、全機種が有機ELに変わってしまえば製造コストも上がり、平均価格もどんどん高くなってしまう、といった事にならなければ良いですね。

 

 

トップページ

 

一覧に戻る

0442335543 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理  川崎 川崎市 神奈川
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル